本当の研究とは何かを提起する


所謂、学校の研究は、良くも悪くも先に結果が既に見えているものなのです。 それに沿った答えが出ないとどうしても間違いになり正されてしまう傾向にあります。 誤差や過程において異なるものがあることは、大変興味深いことなのに、評価されず無視される存在であります。 つまり最先端の研究とは、今の段階では程遠いものであり、それはまるで線路の上を走る未来の電車のようであります。 ここで道から逸れる事をすると間違いだと判断されてしまう事が多いのです。 日本の文化では、なかなか、こういった新しいものを作ったり評価する事ができるような環境ではありません。 それは今後世界を引っ張っていくためには圧倒的に不利な状態に今後はなってしまいます。 答えは間違っていたとしてもそれまでの過程に、驚き目を見張るものがあったりします。 それとは逆のことも当然ですが可能性としては現状では十分にあり得ます。 これが子どもがその様なものを予想外に発揮した時には強く叱らずにいられる強さが、ここではかなり大切です。 その才能をゆっくりと、これから発揮できる環境を作って上げられる事があります。 やはり長い目で見て後世に残すべき貴重な価値があり最終的には重要なのではないでしょうか。



科学の発達は費用が必要です


科学の研究で不可欠なものは、莫大な研究のための費用にあります。 国や企業からの金銭がないと続ける事も更に掘り下げることもできません。 そういう環境下にあるととても将来的には簡単に能率よくこうしたスピーディーに良い流れの方向にスムーズに自然と発展しやすくなります。 そういう面で見ると2位でも良いと発言した、この仕分け作業の上層部は何を考えているのかが、定かでなく明確ではなくはっきりわかりません。 研究を重ねる事や誰にもできていない事をしようとしていることを考えましょう。 それは無理に余計なものと無くそうとしているのですので、そんな状態で日本の官僚がいるのですから、それは世界からもやはり下に軽蔑されてしまいます。 そして舐められて上から目線で結果的には見られてしまいますから、様々な異論で当惑しないように要点を、ここで理解しやすくなっています。 結果的にまとめるとどこかで誰にも負けないものや何かを作ろうとしているような事があります。 すごいという評価をしっかり受けれないのだったらこの国の文化や科学の進歩は未来にも、これ以上何かを大きく望んだり期待することができないような気がします。
闇金 融資

数学
学者
天才と凡人
才能